鋼板 板厚19.0mm レーザー切断 角R指定出来ます!

鋼板 レーザー切断 板厚19.0mm 画像を拡大する
写真はイメージです。

鉄板を指定寸法でレーザー切断した商品となります。角丸の鉄板を希望する場合は角Rを指定します。
角R鉄板寸法指定位置 寸法は「mm(ミリメートル)」でご指定下さい。

注文方法が複雑なため、商品説明をよくお読みになってからご注文下さい。

ご指定の寸法によっては製作できない場合がございます。

Webからご注文できない寸法も製作可能な場合がございます。お問い合わせ下さい。
オーダーメイド
商品コード: PL19.0LA-#1~ PL19.0LA-#9

鋼板 レーザー切断 板厚19.0mm

ノーブランド

1 号 1,661
2 号 3,058
4 号 4,851
6 号 7,029
9 号 9,581
12 号 12,529
16 号 15,862
20 号 19,580
mm
mm
R

商品概要

普通鋼板のレーザーカット販売です。ご指定の寸法に切断してお届けします。
レーザー切断のため、細幅のもの(細長い形状)でも反り、ネジれが少なく仕上がります。
極端に細長い形状の場合はこの限りではありませんのでフラットバーをご検討ください。

鋼板とはいわゆる鉄板の事で、用途は多岐にわたります。自動車、造船、建築、機械等様々な分野で使用されています。

また、身近なところではBBQ(バーベキュー)等で焼き肉や焼きそばを焼く調理器具の素材としても使われています。

素材
スチール(鉄) SS400
板厚(t)
19.0mm
幅(W)
ご指定の寸法
長さ(L)
ご指定の寸法
角R
ご指定のR寸法(4角共に同じR)
切断方法
レーザー
切断寸法公差
±0.5mm程
参考重量
149kg/㎡

ご注文時の注意点

ご注文について

  • オーダーメイド商品になります。
  • ご注文後は間違いの場合でもキャンセル・返品は出来兼ねますのでご了承の上ご注文ください。
  • ご注文確定後の加工になりますので仕上がりまでに日数がかかります。
  • 仕上がり次第の出荷となります。

製作できない寸法について

  • 寸法(W) および、寸法(L) が小さすぎる場合
  • 寸法(W) および、寸法(L) が大きすぎる場合
  • その他ご指定の寸法によっては製作出来ない場合がございます。

指定寸法に不明点がある場合はメールにてご確認させて頂きます。

切断面に関して

加工用素材のため切断面の処理(バリ取りや面取り)は行っておりません。切断ままとなります。
レーザー切断は素材を溶かして切断する、いわゆる溶断と言われる切断方法ですのでほとんどバリやカエリはありませんが取り扱いにはご注意下さい。

寸法の指定方法

入力寸法

  • 商品概要にある図を参照して、寸法(W)、寸法(L)、角Rの寸法を入力して下さい。
  • 寸法はmm(ミリメートル)で指定して下さい。

寸法をご指定いただく際に間違いやすいのは、以下のような点です。

10cm 5mm
105mm
15mm(1cmと5mmです)
15cm
150mm
105mm(10cmと5mmです)
55cm
550mm
505mm (50cmと5mmです)

角のR寸法の指定方法

角Rを指定する場合は半径の寸法をmm(ミリメートル)で指定します。
R1ですとほぼピン角になります。
角Rを希望しない場合は 0または1を指定します。

例) 角をR50にする場合
直角とみなした仮想の線(図の点線)の頂点から丸みの終点までが50mmとなります。
このような指定をR50と表記します。

図のように4つの角全てが同じRの場合のみこのページからご注文頂けます。図面表記だと4-R50となります。

角Rの指定例

指定できる最大値

寸法(W)、寸法(L)のいずれか小さい寸法の1/2が指定できる最大値となります。

例1) 100mm x 100mm 4-R50
この場合は100Φの丸切りと同じ商品となります。

例2) 100mm x 200mm 4-R50
この場合は長丸のような形状となります。
角Rを最大値にした場合の形状の例

鉄素材に関しての注意点

鉄はサビやすい素材です。
水濡れが無くても経年の影響でサビが発生します。

また、バリ等危険防止のため厚手の皮手袋で取扱うため多少のヨゴレや、切断などの工程で多少のキズが付く場合がございます。

加工用素材となりますので若干のサビ、ヨゴレ、キズ等のクレームは受け付け出来兼ねますのでご了承の上ご購入下さい。

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。